平板載荷試験をクリアできる安全な土地|土地の調査法を確認

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

調査の流れを把握

作業員

地盤調査を行なう際には様々な方法を使いますが、その中でも平板載荷試験というものがあります。これには鋼鉄の円盤を使いますが、機械を使用してこの円盤を地面に押し付けます。そうすると押し付けられた円盤は地面にめり込んでいきますが、この沈下の度合によって地盤の強さが分かるのです。かける荷重は機械によって変化させることができ、徐々に重くしていきます。主に構造物の基礎において平板載荷試験は行なわれ、建築基準法でも点検のルールが決められているのです。大まかな流れとしては以上ですが、こういった調査のことはできれば詳しく知っておくことが大事です。信頼できる業者がしっかりと調査してくれますが、自分の家や建築物のことなので、依頼する側も調査の内容がどうだったのかを知るためにも、調査の流れを知っておきましょう。

平板載荷試験ではまず、どの地盤で試験を行なうのが最適なのかを調べていき、いくつか候補を挙げた内から試験を行なう場所を選ぶことになります。試験の範囲としては、載荷板で調査できるような少なくとも1.5mは水平に機械が設置できる場所が選択されます。水平でないと平板載荷試験の結果は十分とはいえません。そして載荷板の設置となりますが、直前に地面をならすことで、完全に水平に板が地面に設置する状況を作ります。荷重のかかり方が均等になるように、油圧ジャッキなどを組立てることになります。このとき、設置や荷重のルールが決められているので、業者はこのルールに従って試験を行なうのです。

既存の建物でもできる

模型

もう既に建築物が立っている土地でも、液状化対策はできます。状況に適した対策ができますので、予算のことも考えながら施工方法を決定していくことになります。地震対策のためには必須の対策です。

もっと読む

その土地の情報

工事現場

ボーリング調査のような地盤調査をすることで、より詳しくその土地の情報を知ることができます。海抜が低い土地には軟弱な地盤が多くなってしまうので、建設の際には確認しましょう。

もっと読む

会社選びが重要

工事

調査費用や改良のための費用は高くなってくるので、より安心して任せることのできる業者に依頼をしたいものです。資本力があって、技術力の高い業者であれば、良い会社であるといえます。

もっと読む