既存の建物でもできる|平板載荷試験をクリアできる安全な土地|土地の調査法を確認

平板載荷試験をクリアできる安全な土地|土地の調査法を確認

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

既存の建物でもできる

模型

大きな地震が起こることによって、建物が倒壊してしまったり、道路が寸断されてしまったりします。東日本大震災で多くみられた被害が土地の液状化です。コンクリートから水が染み出したり、マンホールが地面から突き出てきたり、大変な被害が生じ住宅に住めなくなってしまった人もいます。そんな事態を起こさないようにするためにも、今不動産を所有している人はできるだけ地質調査をしておいた方が良いといえるのです。不動産や土地を購入しようと考えている人なら、何も建設されていない状態で調査や液状化対策ができるため、検討しておきましょう。

地質調査をした結果、液状化が起きそうな土地なのであれば液状化対策が必要になります。液状化する可能性がある土地とは、緩い砂地盤となっている土地であること、地下水位が10m以内であるという条件が重なっている土地のことを指します。こういった土地であれば、地盤を固めるなどといった液状化対策が必要になってくるでしょう。新設される建築物だと行ないやすく、安価で施工が可能となっています。液状化対策は工法の特徴によって利用できる建築物が違いますので、施工する建築物によって工法は変化します。例えば、杭を硬い地盤にまで打ち込み、基礎を強化する工法は建造物の基礎部分に使われる他、岸壁に利用されます。もう既に建築されている建物の場合の液状化対策としては、地盤から水を抜く作業が適していると言われているのです。一番液状化対策として効果的なのが、安定剤で固めて地盤を固めることです。しかしこれは高価になりますので、よく検討しましょう。