その土地の情報|平板載荷試験をクリアできる安全な土地|土地の調査法を確認

平板載荷試験をクリアできる安全な土地|土地の調査法を確認

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

その土地の情報

工事現場

人が住むことのできる土地とは実は限られています。安全な土地かどうかを確認するためにも地盤調査は欠かせないものですので、家を建設する前にまず地盤調査をしましょう。軟弱な地盤だと分かっても、対策はいろいろあります。正しく対策するためにも、まず調査が必要です。調査をしなくても、昔の人は良い土地というものを自然と理解していたといえます。それは、高い土地に豪族や地主の家が建設されることが多かったことからも証明されています。なぜなら、土地の標高が高くなればなるほど、良好な地盤と強固地盤の割合が多くなるからです。軟弱地盤は海が近く、堆積する土が多い低い土地ほど割合が大きくなっていきます。現代は低い土地に都市が広がっていることが特徴ですので、地盤調査は必ずすべきだといえるでしょう。

地盤調査の方法としては、平板載荷試験を始め、ボーリング調査とGDF4試験などがあります。ボーリング調査とは地面に穴を開けて調査するもので、1mごとに強度を測定します。このときの強度をN値といいますが、試験結果の数値のことを指しています。強度はどんな仕組みで測定できるのかというと、ハンマーをある程度の高さから落とし、その時にどれほどの強度で地面に激突するかで測られるのです。サンプラーが地面に30cmめり込むためにはどの程度の強度が必要になるかで、N値が決まります。これと同時に地中の土が採取できるので、堆積年代を調べることも可能です。その土地の詳細な情報が確認できる地盤調査の方法であるといえます。